第1巡:総括:松井 担当分

トップページ >> 授業概要 >> 基礎プロジェクト2 >>
発表:2003/05/08

基礎プロジェクト2 総括
『限界を超えて』

システム創成学科 SIMコース
30801 松井 健太郎

1.内容の概要
 人間社会は、既にいくつかの面において限界を超える成長をしてきている。 人口が増えることにより、食糧などの供給が追いつかなくなり、貧困の増加 が起こり、貧困層は生活を営んでいくために、子供という労働力に依存する。 このようにして人口はさらに増加していき、供給はまた不足していく。この ような繰り返しをフィードバックループと呼び、このフイードバックループ が地球を行き過ぎに追い込んでいっている。
 地球におけるソース(供給源)とシンク(排出源)、それをつなぐスルー プット(中間媒体)にも、それぞれ限界がある。ソース、つまり資源におい ては、石油などの鉱物資源は有限であり、シンク、つまり汚染に対して、も、 地球は無限に耐えられるわけではない。スループットについても同様である。
 本書では、数々の『要素』を代入することにより未来の見込みを算出する コンピュータモデル『ワールド3』により、さまざまな成長、限界、破綻の シナリオの例を紹介している。またこのモデルにおいて、実際の世界におい てもそうだが、行動とそれについてくる結果には遅れが伴う。
 限界を超えた地点からの引き返しの例として、ここではオゾン層問題を取 り上げている。オゾン層破壊に気づいたところから、この問題を解決すると したら、一朝一夕では行かないことが示されている。
 また、『ワールド3』に技術、市場の進化を代入したところ、行き過ぎを 回避することはできなかった。この場合は、ソースを採りつくす方向に向か ったことにより、結局は破局をさけられない、ということだった。
 では、システムを持続可能に持っていくためには、いったいどうしたらよ いか。答えは、「成長の抑制と産業の安定」を、一刻も早く取り入れること であった。
 農業革命、産業革命と、人類において大きな二つの革命があった。革命に は、抵抗、ある種の一時的な後退がつきものである。そして今、新たな革命 が必要な時代がやってきている。しかし、その手段を知る者はいない。ここ では、いかなる手段をとるべきかという問いに対し、有益と感じたものを5 つ言及しておく。それは、ビジョンを描くこと、ネットワーク作り、真実を 語ること、学ぶこと、そして、愛することである。

2.議論の概要
 次に、内容を踏まえて討論を行った。
【1】1992年に書かれた「限界を超えて」だが、書かれてから10年が過 ぎた今、世界は行き過ぎから引き返そうと努力してきたのか?そして、 これからわれわれに必要なのは何なのか?
→この問題に対して、世界の人口、産業、エネルギー、汚染などに関す る様々なデータを見てみると、即効的な効果は現れていない。これは本 書にもあったとおり、気付き、行動と実際に効果が現れるまでには時間 差が生じる、ということによるものだろう。また、この間に京都議定書 などの取り決めが行われたことも重要な要素である。いずれにしても、 長期的な目で見たモニタリングが必要である。

【2】世界の人々の意識が、自分の生活レベルや資源の使用を抑えてまで、持 続可能な社会へ至るために努力しようと決意することは本当に可能な のか?可能であるとするならば、どうやってそれを実現させるか?ある いは不可能であるならば、破綻を食い止める手段はあるのか?
→これについては、各人の価値観によって意見は分かれた。人は自分の利 益を優先するので、数百年先、あるいは聞いたこともない国の人のため に自分を犠牲にしようとは考えないので、たとえ子孫のことを考えても、 自分の生活レベルや資源の使用を抑えてまで持続可能な社会へ至るた めに努力しようと決意する人はいないという意見もあれば、できること からやっていくという思いやりの姿勢を人は持っているという意見も ある。また、持続可能な社会に向けた行動が自分の利益に結びつくか、 仕方なくも社会的にそれが当たり前になる社会に作為的にしてしまえ ばよいという見方もある。いずれにしても、身近なリサイクルなどの活 動から、大掛かりな政策を用いるということまで、地球を持続可能に導 く方法がある。

【3】新エネルギー源(今回とりあげられたのは月に存在するというヘリウム 3による核融合)を用いる、または、地球ではなく宇宙に活路を見出し ていく、という発想はどうか?
→まず新しいエネルギー源についてだが、「限界を超えて」の前提に従っ たとき、資源、エネルギー面に関して改善しただけでは、いずれ破綻を きたす、という、ワールド3の結果がある。あくまでモデルに数値を代 入しただけであるから、絶対の意見ではないが。次に宇宙に活路を見出 す、という議論だが、これについては、宇宙開発と技術にかかっている ので、ここでは結論を導くことはできず、除外視していいと言えるだろ う。

【4】「持続可能な世界を目指すのに時間は残されているがその時間は少な い」と「持続可能性革命が完全に進展するまでには何世紀もかかるだろ う」という筆者の意見は「破局」を意味しているのではないか?しかし、 結論は破局以外の選択肢も多く残されているというものである。これは 矛盾しているのではないだろうか?
→持続可能性革命が農業革命、産業革命と同様に扱われているが、本質を まったく異にするものではないかという考え方があり、また、持続可能 な社会づくりというものには終わりがなく、これから社会が持続するに あたって、ずっと考え続けるべき課題であるといえる。

【5】自由市場が主流である現行の社会において、成長を止めることは果たし て可能であるか?また、我々は未来の社会に対して責任を持たなければ いけないのか?
→成長を止める方法としては、「自由」市場においては不可能であるから、 市場におけるルールで、成長を抑制するような方向に規制していくしか ないだろう。また、未来に対する責任に関しては、今回の討論でも各人 の意見が分かれたように、ひとりひとりの価値観に依存していくもので あって、当然価値観であるから、強制することはできないだろう。

3.自分の見解
 以下に、「限界を超えて」とそれに対する討論に対する、自分の見解を述 べることにする。
 今回の焦点は、いかにして成長を止める方向に持っていくのか、そして、 その結果である未来に対して責任はあるのか、ということである、と考え る。結論から先に言うと、社会の構成要員である我々一人ひとりが「自覚」 をもつこと、また、その自覚によって責任をもつ、ということこそが、こ の議論のゴールである。しかし今回の討論からもわかるように、そのゴー ルにむかうには人的な弊害があるといえる。しかしその弊害をもたらす 人々を責めることはできない。貧困を抱える人々に対して生活の支えにつ ながる子供を減らせというには、何らかの代替を与えなければならないし、 裕福な人に対して(生まれながらにせよ努力の結果にせよ)、寄付を強制す ることはできない。自由市場における競争に打ち勝たなければ労働者を養 っていけない経営者にたいして、成長を抑制するように呼びかけたときに、 その呼びかけに応えて社会全体や未来を優先する経営者が良い経営者であ るとは思えない。しかし、悠長なことを言ってはいられないほど、事態は 切迫しているのである。
 では、何らかの国際協定でなどによって、強制的に目的を果たせばいいの か?答えはイエスにはなりえない。なぜなら、強制は破綻をもたらすから である。破綻は不満から発生し、時に戦争に結びつく。では、人々の無知 を利用して、洗脳的に目的を達成してはどうか?この答えもノーであろう。 こうして作られた持続に対して、責任がないわけがない。極論だが、増え すぎた人口を減らすために虐殺が許されることになる。
 だったら一体どうしたらよいか?この本と結論が一緒になるのだが、試し てみるほかはないと思う。「まずやってみる」−何もしないでだめになるな ら、何かを試して失敗したほうが、後悔はないだろう。失敗の先に新しい 何かがあるかもしれない。試行錯誤していくことによって、私たちは成長 していく。その成長は抑制を必要としないものである。私たちの成長の末 に成功があり、未来が続いていくことを信じるしかない。そして、その未 来に対する責任を、少なくとも私はもちたい。

administrated by umekkii -> admin@umekkii.jp