生体・生命:資料:感覚器

トップページ >> 授業概要 >> 生体・生命 >>
作成:2004/08/11

感覚器

Weber-Fechnerの法則

・刺激の強さI、それを変化させた時の強さI+ΔI
・違いを認めることが出来る最小のΔI 弁別閾
・ΔI/Iはかなりの広い範囲で一定(Weber1831) 感じる刺激の強さをEとすると
  ΔI/I=kΔE
・感覚の強さは刺激の強さの対数に比例する(Fechner1860)
  E=logI+C

感覚の特性

・感覚の順応
 感覚神経のインパルスの頻度は時間とともに減少していく
・慣れ
 同一刺激を繰り返していると、次第に感度や感受性が低下する
・注意の集中
 ある感覚に注意を集中するとその感覚以外の感度が低下する
・対比
 比較的狭い範囲にある感覚が起こっている場合、その周囲の感度が変化する

皮膚の各種受容器
皮膚の各種受容器
(Krause終末小体,毛,脂腺,Meissner触小体,触板,神経遊離終末,毛根神経冠,皮下脂肪,Pacini小体,Ruffini小体)

聴覚

・周波数範囲:20〜20,000Hz
・空気伝導と骨伝導

聴覚器の模式図
1.外耳道、鼓室、鼓膜、耳下骨、蝸牛、蝸牛窓
2.前庭階、蝸牛管、鼓室階
3.前庭階、蝸牛管はリンパで満たされ、頂上で連なる
4.前庭階の振動が前庭階の外リンパに伝えられ、蝸牛管の内リンパを振動する結果、基底膜上のCorti器官の有毛細胞が興奮する。
5.進行波の最大振幅の位置と音の周波数の関係

耳小骨の作用
耳小骨の作用
(外耳道,鼓膜,鼓室,蝸牛窓,耳管,基底板,前庭窓,前庭)

蝸牛の横断面
蝸牛の横断面
(らせん神経節,動脈,前庭階,前庭膜,蝸牛管,血管条,Cortiのらせん器,基底板,鼓室階)

コルチのらせん器
コルチのらせん器
内有毛細胞は1〜2列、外有毛細胞は3列に並ぶ。有毛細胞は支持細胞(Hensenの細胞など)および柱細胞で基底板上に支えられ、有毛細胞の感覚毛が蓋膜に触れている
(らせん縁,蓋膜,Nuelの細胞,外有毛細胞,外墜道,Hansenの細胞,基底板,血管,柱細胞,内墜道,聴神経線維,内有毛細胞)

あぶみ骨からの距離と振幅
あぶみ骨からの距離と振幅
進行波の振幅極大の位置が振動数によって変化する模様(Rekesy, 1951)

音の振動数に対応する蝸牛管の場所を示す
音の振動数に対応する蝸牛管の場所を示す
模型図 蝸牛管(基底板)の幅は基部0.04mm,第1回転部約0.21mm,第2回転部約0.34mm,第3回転部約0.36mm,先端は0.50mmである。

視覚

右眼水平断面
右眼水平断面
(毛様体,前房,水晶体,角膜,虹彩,結膜,Schiemmの管,視軸,光学軸,Cloquetの管,硝子体,強膜,網膜,脈絡膜,視神経円板,黄斑,中心窩)

参照図

参照図
The rhodopsin-retinal visual cycle, showing decomposition of rhodopsin during exposure to light and subsequent slow reformation of rhodpsin by the chemical processes of the rod.

参照図
Theoretical basis for the generation of a hyperpotarization receptor potential caused by rhodopsin decomposition

参照図
Schematic drawing of the functional parts of the rods and

参照図
Neural organization of the retina: peripheral area to the left, foveal area to the right
(Pigment layer,Cones,Rods,Rod nuclel,Bipolar cells,Horizontal cell,Amacrine cells,Ganglion cells)

参照図
The principal visual pathways from the eyes to the visual cortex (Modified from Polyak: The Retina 1941 by The University of Chicago All rights reserved)
(Visual cortex,Optic radiation,Laleral geniculate body,Optic tract,Optic chiasm,Optic nerve,Superior colliculus)

参照図
Transmission of visual signals from the primary visual cortex into secondary visual areas. Note that the signals representing form, third dimensional position, and motion are transmitted mainly superiorly into the superior portions of the occipital lobe and the posterior parietal lobe. By contrast, the signals for visual detail and color are transmitted mainly into the anteroventral portion of the occipital lobe and ventral portion of the posterior temporal lobe.
(Motor cortex,Somatic sensory areal,Form, 3-D Position Motion,18,17,Visual detail Color,Secondary Visual Areas,Primary Visual Cortex)

administrated by umekkii -> admin@umekkii.jp