卒業研究

トップページ >> 授業概要 >>
作成:2004/07/13

卒論テーマ説明会

6月29日と7月1日の領域プロジェクトの授業時間に、各研究室の説明会が行われました。
その際の配布資料はこちらです。 説明会は各先生が簡単に研究内容の紹介を行うような感じとなっていました。
この説明会を基に7月14日までに、各自第5希望までの提出を行い、 希望を基にして、成績順に割り振られた配属先一覧はこちらです。

テーマ決定

研究室配属式のようなものがあるわけでもなく、適当な感じ開始しました。 いつまでに研究室に行けというようなお達しも当然ないです。
それをいいことに、最初の数ヶ月は卒論以外のことをやってました。 具体的には、12月くらいまで学園祭実行委員会をいろいろやっていて、 研究室には月に2,3回しか行ってませんでした。
そうやって卒論を避けた生活を送っていて、運悪く風邪で寝込んでいた12月21日に突然、 卒論の中間報告を研究室内で本日夕方行うというメールがやってきて、 急遽研究室へ馳せ参じることとなりました。
研究室で先生とテーマが決まってないからどうしようかという話をして、 とりあえず翌日に尋ねてくるモーフィングの研究者が、人手不足だと言っていたので、 その研究テーマを手伝う形でやろうということになり、 その日の発表会は適当な資料を作って誤魔化しました。
そして翌日の12月22日。研究者が来て最初はテーマとは関係ない色々な話をしているうちに、 ようやくテーマの話になり、なぜかその場の流れでその研究者とはまったく違う、 生物の模様を再現しようという話になり、 そして、蝶や蛾の羽模様がいいという話になり、 そして流れで蛾の羽模様をGAで進化させようということになり、 いつのまにかめでたくテーマが決定しました。

研究開始

研究テーマが決まってから全てはスタートしました。 と言いたいところですが、最初の2週間はだらけてて、殆ど何もできてなかったです。 冬休み返上で、帰省もせずに東京にいたのですが、なんだか居ただけっていう感じで、 その間の成果は、OpenGLというCGを描画するプログラムをちょっと使ってみただけです。
本格的に研究が始まったのは、正月三が日が終わったあたりで、さすがにやばいと感じ始めたころです。
そして、研究を本格的に始めて1週間くらい経った1月12日に、研究室内で卒論の現状報告をすることになりました。 研究の進捗率で言うとまだ当時は10%くらいで、卒論としてはまだまだ提出できない状態で、当然論文は全く書いてません。
1月12日研究室内発表資料(1793KB)軽量版(114KB)
発表の内容が肯定的に受け止められたこともあり、それから後は研究室で必死に研究を続けました。 最初の頃は家で寝てたのですが、そのうち研究室で寝るようになり、家には風呂と着替えのためだけに帰るようなものです。 ちなみにその頃の口癖は、「もう欝ポ、もうヌルポ、もう駄目ポ」です。

卒論形式発表

卒論についての掲示がなされたのが1月18日です。遅い。 もっと早く卒論について掲示してほしかったですが、どっちにしろ研究が進んでないので意味ないですね。
卒業論文作製・提出方法及び発表会の要領について
卒業論文表紙の書式見本
卒業論文要旨作成上の注意
卒業論文要旨の書式見本

卒論提出

卒論の要旨提出が2月7日、本体提出が9日でした。
研究は「羽のモデル化」と「遺伝による進化」の大きく二つに分けられるのですが、 前者が終わる目処がついたのがなんと1月末、後者をやってる時間が殆どありません。 というわけで前者と後者はまともにやればほぼ同程度の内容量があるにもかかわらず、 後者はわずか3日でプログラムを仕上げ、卒論を書き始めました。 この時点では結果はまだ出てません。プログラムは完成したけどまともに動かしてない状態です。 それでも卒論書き始めないと終わらないので、強制的に卒論モード。
6日には、卒論本体が翌日までに終わりそうにないことがわかったので、 とりあえず簡単にプログラムを走らせて結果を採取し、要旨を半日で書き上げました。
7日に要旨を提出したあとは、1日で卒論の結果部分を仕上げ、研究の背景も書き上げ、 なんとか9日の提出には間に合いました。

卒論提出後

連続徹夜状態ですが、提出しても休めません。翌日には研究室内での成果発表があるからです。
2月10日研究室内発表資料(5873KB)軽量版(423KB)
こんな資料を作り上げ、発表も無事に終わりました。
あとは、14日にある全体での卒論発表会へ向けた資料作りですが、時間もあり余裕のうちに作成できました。 余裕があったといっても、結局資料作り始めたのは前日の夜なんですがorz。
発表の際の資料は次のとおりです。
全体発表用パワーポイント(5345KB)軽量版(348KB)読み原稿
全体発表用ポスター(22248KB)軽量版(209KB)
ポスターセッションレポート
発表は、まず1人5分の簡単な発表を全員やったあとに、ポスターセッションがあります。 ポスターセッションは前半と後半に別れており、副査の先生方などが巡回して説明を聞きにきます。 自分が発表しない組についても、レポートを1枚かかないといけないので暇というわけではないです。
ちなみにこのポスター発表で、どうやらコース内の最優秀賞をとったようです。ありがとうございました。 1ヶ月の即席研究でもここまでできれば十分だと自分で納得していますw。

卒論内容

卒論のタイトルは、「インタラクティブGAによる仮説的な蛾の目玉模様の研究」です。
卒業論文要旨(1067KB)
卒業論文本体(21973KB)
内容を解説して欲しい人は、お気軽に連絡ください。

administrated by umekkii -> admin@umekkii.jp