毒物劇物取扱者

トップページ >> 資格試験関係 >>
作成:2004/08/10
更新:2004/08/24

「毒物及び劇物取締法」 に基づいて、 都道府県知事 が合格証書を発行する資格となります。 東京都の場合、東京都福祉保健局健康安全室薬務課が試験管轄になります。

受験案内

資格の中身から取得までの道のりについて解説します。
資格について(資格の概要やよくある質問について)
受験の手続き(願書入手から受験票到着までです。受験手続書類見本もあります。)
試験の結果(試験から合格発表までです。)
試験問題(実施された試験問題です。)

試験対策

試験については毒物及び劇物取締法施行規則第7条に決められているとおりです。 筆記試験と実地試験があり、筆記試験は以下の3分野になります。
毒物及び劇物に関する法規(原文や解説です。)
・基礎化学(高校化学と同じ内容です。昔を思い出して下さい。)
毒物及び劇物の性質及び貯蔵その他取扱方法(簡単な解説です)
実地試験は「毒物及び劇物の識別及び取扱方法」ということですが、 殆どの都道府県で筆記試験の毒物特性と同様のペーパーテストになっています。 内容も筆記試験の毒物特性とほぼ同様です。

administrated by umekkii -> admin@umekkii.jp